またまた実家にて、ユニコーン解散時に発売された、雑誌パチパチのユニコーン総集本?UNICORN FILEを見て来ました。

今回は解散時、つまり、その本のラスト辺りを見たり読んだりして来たんですが、解散の理由として口々に不仲説って程じゃないけど、人間関係も理由の一つに挙げてたんですね。

思っていることを言い合えなかったとか、自分を出し切れる場所では無かったとか、そんな感じで仲間意識の欠落をアピールする発言が印象的でした。

そりゃあね、解散時のインタビューだからね。仲良ければ解散なんてしなかったんだろーし、当然のコメントなんでしょーけどね。

でもでも、今読んでも心が痛みます(;_q)

EBIさんも、煩わしいバンド活動が終わり、今後のソロ活動への期待に胸を膨らませてる♪って感じがすごく伝わってくるコメントがあったりして。

でもこの後、EBIさんには数々の試練が待ち受けてたんですよね、きっと………いや、もちろん試練ばかりじゃ無かったはずですけどね。

阿部さんも、解散後はしばらくユニコーンのことは考えたくも無くて、記憶から抹消したくらいだったと今では伝えられていますが、この時は、ファンへの配慮か、そーいったことは感じさせない、優等生なコメントをしてますね。

民生さんは、いつも通り。のらりくらりw

テッシーは、まさに解散時のこの時点から、またいつでも集まりたい。と言ってますね。

以前も心配しましたが、とゆーか、いつも心配してるのですが、ユニコーンさんたち、現在はどーなんでしょうか??大丈夫ですか???

ちゃんと仲間としての結束感は生まれたのかな?今ではちゃんと、意見を伝え合えるよーになったのかな?

やっぱり今は皆大人になり、経験も積み、それにユニコーンだけじゃなく、それぞれ他の活動もあるってところで、昔とは違うでしょーが、再結成後の楽しそうなオフショットの映像を見てても、安心しきれないあたしです………

川西さん、すごく自分の理想を追い求める人。今のユニコーン、どーですか?また嫌にならないでくださいね。

この時から16年、奇跡の再結成から早5年。シャンブルの頃と比べて、イーガジャケジョロでは「俺が俺が」になったとゆーメンバー。それは、解散前の景色とは同じようで違うものであって欲しい。

なんとなく、感傷的になってしまう、あたしでした。