ソロ曲「ゲーム」のミュージック映像

EBIソロってか、堀内一史ソロの「ゲーム」のミュージックビデオ(って言うんでしたっけ?)って見たことありますか?

あたしは存在すら今日初めて知りました。

で、これが、いい!めちゃくちゃカッコいいです!!

アルバム「mirror man」の謳い文句が「よりワイルドに」でしたっけ?えー、ワイルドー?どんな感じ☆??って、ワクワクしながら初めて聞いた時の感想は、全体的には思ったほどワイルドでもなくない?w

って思ってしまいましたがw、ゲームのミュージックビデオは確かにワイルドでした!

もうEBIさん、好き好きー(//∇//)ギャップに弱いあたしは、いつもはニコニコなのに、あんな表情で見られちゃうとか萌え過ぎます(///ω///)♪

とにかくカッコよくて♪とりあえず、あたしの大好きなヒゲEBIで♪結構最初の方に、口に黒い布を巻かれちゃうとことかドキッとしちゃいます☆

途中、おばちゃん?に、頬っぺにちゅーされちゃうんですが、しかも二人も!超羨ましい!!w でもそれにも全く動じない(勿論そーゆう演出)EBIさんが、またワイルド!www

それにしても頬っぺ、柔らかそう~♪あたしもあのヒゲ頬っぺにちゅーしたい~(/▽\)♪

でもこの映像、DVD化はされて無いみたいですね。残念。

最近のEBIさんは、この時みたいなワイルドEBI路線で嬉しい限りですね☆

ユニコーン再結成時のストレートロン毛のヒゲ無しEBIさんも、最初は違和感あったけどw見慣れちゃえば嫌いじゃないし、昔の解散前の若いEBIさん動画もいくつか見てて、もちろんそれはそれで可愛いカッコいいですが、やっぱり今のEBIさんが一番好きだなぁ~(*´ω`*)

よく「EBIさんて、昔と全然変わらない」ってコメントを見かけますが、あたし的には昔よりも全然カッコよくなってると思ってます。色んな経験を積んだ大人の男の魅力です☆!!


話は変わりますが、実家に置きっぱにしにしていたユニコーンのミュージックビデオたち。VHSってことで、もう見られないから捨てるよ?と母に全部捨てられちゃったんですよねぇ、全部持ってたのに( TДT)

まぁ今あっても見られないですが、やっぱり捨てずにおけばよかったなぁと、今さら軽く後悔中です………orz

UNICORN FILE 2途中までの感想~解散への一途??

ユニコーン解散時に発売された、雑誌PATiPATiの全掲載記事をまとめたUNICORN FILE。ちょこちょこと、飛ばし飛ばし、読み進めています。今、FILE2の途中です。

で、感じたことがあるので書いてみます。

何だろう?ユニコーンの皆さん、まだ若かったからなのか?天狗だったのか?ライターの書き方なのか?時代的なものなのか?ちょいちょい、感じ悪いことを言ってますねw特に民生さんww

再結成後、いや、ソロ活動中も含め、あたしは雑誌でユニコーンのインタビューとかを読むことが、めっきり無いので分からないんですが、ずっとこんな感じなんでしょうか?今もこーゆう感じなのかなぁ?

自分たちの意向に反して、アイドル的存在になってしまったこと、プライバシーの侵害等々、ファンと言えども色々気に入らないことがあったのでしょう。

でも、ファンあっての商売なのに、ファンを大切にしない発言が多………くは無いけど、ちらほらと。

民生さんはフロントマンですし、当時もメンバー中での人気は爆発的でしたよね?ファンの方々は、そーゆう発言を読んで心を痛めなかったのかなぁ?

それとも、照れ屋の民生さんの発言は、愛情の裏返しで、ファンの方々もそれを重々承知してたとゆーこと??

また、アイドル扱いをされつつも、メンバー中3人は妻帯者。その3人は奥様や家族への愛も、隠すことなく語ることが多いです。

更に、独身、妻帯者関係なく、ツアー中の地方での夜遊び発言や、恋人の存在を匂わせる発言等。ちょっと驚いてしまいます。

意に反してるとは言え、女性ファンを減らすようなコメントの数々、大丈夫だったのかなぁ………??

いや、大丈夫だったからあの人気で、今もこの人気なんですけどね。

そして、逆にそーゆう飾らないところがまた好印象だったのも、もちろん分かりますが。でもでも、ちょっとね、心配してしまいました。過去の記事だけどww

他にも、だいたいは仲良くトークをしてるし、実際には仲も良かったんでしょうが、何とゆーか、結成=デビュー=ブレイクとゆうバンドならでは悩みなのか??たった活動3~4年目にして、軽く倦怠感を感じます。

まぁ、仕方ないですけどね。年1枚以上のペースでアルバム出してた頃で、ツアーも出ずっぱりで、毎日毎日メンバーと周りのスタッフとばかり顔を合わせてたんですから。

たった3~4年と言っても、濃い時間だったことは容易に想像がつきます。

でも、何てゆーのかなぁ??この時点ですでに、解散に向かってる感をひしひしと感じるんだよなぁ………。

3~4年ってことは、6年で解散したバンドだから、今思えばちょうど折り返し地点だったと分かるんだけど。

他のバンドって、どんな感じなんでしょうね??他のバンドのことは、全然分からないので、何とも言えないあたしです。

今聴くと、意味深過ぎる?ソロアルバムmirror man

EBIさんの4thソロアルバムmirror man。唯一あたしは持って無かったソロアルバムだったんですが、先日購入。聴きました。

いや、まず聴く前にジャケット写真。まぁまぁまぁまぁ!どーしたんですか?3rdまでとは随分違う雰囲気。

以前のブログでも書いたけど、それまでは、EBIさんのソロアルバムは一言で言えば「幻想的」って言葉がぴったりだったと、あたしは思ってて、ジャケ写も幻想的だったり、EBIさんの可愛いいところが全面に押し出された写真になってる印象でしたよね。

でも、このアルバムのEBIさんの写真は一言、ワイルドだぜぃ!(古いっ!ごめんっ!w)

今でこそお馴染みですが、当時としては多分びっくりのヒゲEBIです。

そー言えば、当時、あたしがEBIさんから離れてしまっていた頃、店頭でこのアルバムを見かけて驚いた記憶があります。「えっ?!EBIさん、どーしちゃったの??!!」ってww

そもそもアーティスト名も、EBI改め堀内一史って書いてありますし。そこからも、この頃の今後のソロ活動への手探り感が伺えます。

3rdまでと違って、作詞作曲編曲までほとんどEBIさん。ふむふむ。ラストの曲の作曲は美音里さんです。ふむふむふむ。

ジャケ写から、相当ワイルドな曲を想像して再生。一曲目………………うーーーん、そーでも無いね(^-^;

あ、曲がイマイチとゆーことでは無いですよ!想像してた程、ワイルドじゃないってことですからね!!

確かにそれまでのアルバムと比べると、全くイメージの違う一曲目ですが、とりあえずEBIさん、声が高いですからwそんなにワイルドには決まらないですよね。とってもカッコよくはありますが☆

他の曲も、ほぼ、言うほどワイルドでは無いものが多かった印象ですが、それでも確かに3rdまでとは全く違うイメージのアルバムで、あたしは一番好きです。あ、でも、実家にあるはずのMUSEEがまだ見つからなくて、MUSEEだけ聞き直して無いんですが。

でね、このアルバムが出たのは1997年。美音里さんとの離婚が1998年。もうこの頃には、うまく行って無かったのかなぁ??と思わせる箇所がいっぱいあると思いませんか?

まず歌詞。別れ際の二人のものや、別れちゃってる二人のものや。が、目立つ。

今となってはなのか?あたしが下世話過ぎるのか?w何となく色々想像してしまいます。これ、自分たちのこと言ってるのかなぁ??って。

それと中に「1985」って曲がありますが、1985年って、ちょうど二人が出会った年位なんじゃないですかね??

「二人が幸せだった頃のクリスマスにはもう戻れない」みたいな歌詞。ストレートに意味深じゃないですか??

他にも、美音里さんはEBIさんと付き合う前は川西さんと付き合ってたやら、結婚してたやらの噂もあるようで、もしかしたら美音里さんが1985年に一緒にいたのは、川西さんで、その辺をヒニクってる??その辺りの何かも離婚の原因の一つになってたり???とか………って、それは無いか?w

そしてラストの「白い夜」は、作曲が美音里さんですね、ピアノも弾いてるみたい。

あたしが見た、2ちゃんか何かの書き込みで「作詞堀内一史、作曲美音里って、素敵だったのに、もう見れないのは寂しい」みたく書いてあったのを読みましたが、あたしにはこれは素敵なものとは思えませんでした。

せめてもの最後の共同作業。って感じがしちゃって………。

歌詞もね、これも意味深に感じちゃいます。1985でも書かれてた雪。一人寂しく脱け殻の老人。裏切り。色あせた写真。

これ、本当に幸せな夫婦が一緒に作った曲じゃないですよね、やっぱりどう考えても。

まぁ実際、この後離婚してるので、当然何かはあったリリース当時なんでしょうが。本当に全体を通して、うまく行って無い感をただよわせてる気がしてなりません………あ、うまく行って無い夫婦って意味です。

と、何だか暗くなってしまいましたが、3rdまでと比べると、聞きやすいアルバムって思いました、あたしは。

でもここまでで、EBIさんのソロ活動は無くなっちゃったんですね。
ギャラリー
  • イーガジャケジョロツアーは幕張1日目のみの参戦でした。
  • イーガジャケジョロツアーは幕張1日目のみの参戦でした。
  • イーガジャケジョロツアーは幕張1日目のみの参戦でした。
  • イーガジャケジョロツアーは幕張1日目のみの参戦でした。
  • ライブドアブログ